コーパス英文法

- A Corpus-Based Grammar of English -


目次


         
はしがき iii
 

Part I 時と時制

 
1章 現在時と過去時の表現 2
  1.1. 現在時の表現 2  
  Exercises 1 5  
  1.2. 過去時の表現 6  
  Exercises 2 8  
 
2章 未来時の表現 9
  2.1. will と shall 9  
  Exercises 3 13  
  2.2 be going to 14  
  Exercises 4 19  
  2.3. (現在)進行形 19  
  Exercises 5 23  
  2.3. 現在時制 24  
  Exercises 6 26  
  2.5. 未来進行形 27  
  Exercises 7 29  
 

Part II 相

 
3章 進行形 32
  3.1. 進行形の基本的な意味 32  
  3.2. 動詞の分類 33  
  3.3. 進行形の用法 35  
  Exercises 8 44  
 
4章 完了形 45
  4.1. 完了形の基本的な意味 46  
  4.2. 現在完了形 47  
  Exercises 9 54  
  4.3. 現在完了進行形 55  
  Exercises 10 58  
  4.4. 過去完了形と過去完了進行形 58  
  Exercises 11 63  
  4.5. 未来完了形と未来完了進行形 64  
 

Part III 法

 
5章 仮定法 66
  5.1. 仮定法過去 66  
  Exercises 12 70  
  5.2. 仮定法過去完了 70  
  Exercise 13 72  
  5.3. 混合型仮定法 73  
  Exercises 14    
  5.4. その他の注意すべき仮定法構文 74  
  Exercises 15 80  
 
6章 助動詞 81
  6.1. can 81  
  Exercises 16 87  
  6.2. may 87  
  Exercises 17 91  
  6.3. must 92  
  Exercises 18 95  
  6.4. should 96  
  Exercises 19 99  
  6.5. would 99  
  Exercises 20 104  
  6.6. need 105  
  Exercises 21 107  
  6.7. had better 107  
  Exercises 22 110  
 

Part IV その他の重要事項

 
7章 態 112
  7.1. 一般的な受動態 113  
  Exercises 23 120  
  7.2. 特殊な受動態 120  
  Exercises 24 127  
 
8章 関係詞 129
  8.1. 関係代名詞 130  
  Exercises 25 140  
  8.2. 関係副詞 141  
  Exercises 26 146  
 
9章 不定詞と動名詞の比較 147
  9.1. 不定詞と動名詞の基本的な意味 148  
  Exercises 27 150  
  9.2. 動詞の目的語としての不定詞・動名詞 150  
  Exercises 28 157  
 
10章 話法 159
  10.1. 直接話法 159  
  Exercises 29 163  
  10.2. 間接話法 164  
  Exercises 30 169  
  10.3. 混合話法と描出話法 170  
  Exercises 31 172  
 
参考文献 173
索 引 176


開拓社のホームページを見る

クローズ