出版案内
 辞書
 専門書
 大学用テキスト
 高等学校英語教材
 高校生用学習参考書
 幼児・小・中学生用教材
 一般書・実用書
 その他
新刊・近刊情報 特約常備店
関連サイト
コトバの本の出版社の会 言語学出版社フォーラム
開拓社 X(旧twitter)
ホーム > 出版案内 > 音楽理論と文法理論

音楽理論と文法理論

編著者:
畠山雄二 (著)
ISBNコード:
978-4-7589-8036-4
発売日:
2024年3月5日
定価:
2,420円(税込)(A5・196頁)
戻る

内容

音楽理論を勉強しながら文法理論を遠巻きに眺めていると、言語のからくりの本質が薄らぼんやりと見えてくる。そして、文法理論を研究しながら音楽理論を至近距離で凝視していると、音楽のからくりの本質がわかってくる。音楽理論と文法理論には、異なっているところがもちろんあるが、それ以上に似ていると思われるところがあちらこちらにある。本書では、この「似ていると思われるところ」をわかりやすく解説する。

目次

1 言語学を音楽学に近づけ、音楽学を言語学に近づける

2 どんな曲も24個の音の配列パターンから生まれる

3 音楽の長と短、そして言語の前と後ろ

4 言語の普遍性と音楽の普遍性

5 音楽の転調と言語の転調

6 音楽も言語も基本パーツは3つ

7 トライアドコードの影の実力者、それは3度

8 セブンスコードから探る言語の構造

9 音楽理論には関数があちこちにある

10 音楽も言語も、その本質は関数

11 マザーグースからエド・シーランまで

page top
開拓社 ENGLISH カートを見る ホーム お問い合わせ 原稿・企画の募集