出版案内
 辞書
 専門書
 大学用テキスト
 高等学校英語教材
 高校生用学習参考書
 幼児・小・中学生用教材
 一般書・実用書
 その他
新刊・近刊情報 特約常備店
関連サイト
コトバの本の出版社の会 言語学出版社フォーラム
開拓社 X(旧twitter)
ホーム > 出版案内 > ハリウッド映画と英語の変化

開拓社 言語・文化選書102
ハリウッド映画と英語の変化

編著者:
山口美知代 (著)
ISBNコード:
978-4-7589-2602-7
発売日:
2024年4月5日
定価:
2,310円(税込)(四六・208頁)
カートに入れる 戻る

内容

ハリウッド映画で使われる英語がどのように変化してきたかを考察する。サイレント映画から発声映画(トーキー)への移行に伴い、映画にふさわしい英語とは何かが模索された。イギリス英語の影響を受けた間大西洋アクセントの隆盛、公的検閲を避けるための映画産業界内の自主検閲制度の導入、地域方言の描き方におけるオーセンティシティなど、映画の英語に影響を与えた要因を論じる。

『開拓社 言語・文化選書』の一覧を見る

目次

第1章 概説

第2章 サイレント映画からトーキーへ ―『ジャズ・シンガー』(1927)

第3章 ギャング映画の英語 ―『民衆の敵』(1931)

第4章 ハリウッド映画と間大西洋アクセント ―『ローマの休日』(1952)

第5章 トーキーの登場とサイレント映画スターの命運

第6章 トーキーの登場とイギリスの反応

第7章 プロダクション・コードによる規制 ―『風と共に去りぬ』(1939)

第8章 タブー語と戦争映画 ―『7月4日に生まれて』(1989)

第9章 アメリカ南部を描いた映画の英語 ―オーセンティシティと「わざとらしさ」の間

第10章 言語観、言語景観の変化 ―『ウエスト・サイド・ストーリー』(2021)

page top
開拓社 ENGLISH カートを見る ホーム お問い合わせ 原稿・企画の募集