出版案内
 辞書
 専門書
 大学用テキスト
 高等学校英語教材
 高校生用学習参考書
 幼児・小・中学生用教材
 一般書・実用書
 その他
新刊・近刊情報 特約常備店
関連サイト
コトバの本の出版社の会 言語学出版社フォーラム
開拓社 X(旧twitter)
ホーム > 出版案内 > 分散形態論に基づく語形成の分析

分散形態論に基づく語形成の分析

編著者:
森田順也 (著)
ISBNコード:
978-4-7589-2396-5
発売日:
2024年3月5日
定価:
3,740円(税込)(A5・232頁)
戻る

内容

生成形態論の目標は、各種の複雑語を自動的に生成する体系の構築である。その一環として本書は、日英語の名詞化、形容詞化、動詞化の主要な現象を詳細に分析・記述した後で、記述的一般化を「分散形態論」の枠組みで理論的に説明する。即ち、語彙部門を解体し関連情報・操作を適所に最適に分散する機構から、範疇化の基本的・普遍的特性と語彙的・個別的特性を帰結として導く。「詳細な事実観察に基づく理論の構築」を主眼とする。

目次

第1章 生成形態論の基本概念

第2章 分散形態論の文法体系

第3章 形態機構―統語出力の再調整機関―

第4章 名詞化の分析

第5章 形容詞化の分析

第6章 動詞化の分析

第7章 範疇化の統一的説明

第8章 チャレンジングな問題―句の包摂―

第9章 結び

page top
開拓社 ENGLISH カートを見る ホーム お問い合わせ 原稿・企画の募集