出版案内
 辞書
 専門書
 大学用テキスト
 高等学校英語教材
 高校生用学習参考書
 幼児・小・中学生用教材
 一般書・実用書
 その他
新刊・近刊情報 特約常備店
関連サイト
コトバの本の出版社の会 言語学出版社フォーラム
開拓社 X(旧twitter)
ホーム > 出版案内 > 認知意味論を目指してIII

認知意味論を目指してIII
― Toward a Cognitive Semantics ―

編著者:
レナード・タルミー (著) 岩田彩志 菊田千春 西山淳子 (監訳) 岩田彩志 辻 早代加 五十嵐海理(訳)
ISBNコード:
978-4-7589-1393-5
発売日:
2024年3月18日
定価:
4,620円(税込)(A5・268頁)
カートに入れる 戻る

内容

認知言語学の創始者の1人とされるレナード・タルミーが、人間の知覚と概念化の仕組みから文法の意味論に迫った大著は、1970年代から約30年の研究をまとめた認知言語学のまさに金字塔である。その待望の翻訳(全4巻)の第三弾では、現代の認知言語類型論の重要な基盤を成す言語の意味と表層形式の関係、つまり、語彙化のパターンの類型や普遍的原理の探求、その基となる意味カテゴリーやその原理を扱っている。

『認知意味論を目指してI』

『認知意味論を目指してII』

目次

第5部 事象構造の表示における類型的パターン

第9章 語彙化のパターン
第10章 語彙化のパターンを概観する

page top
開拓社 ENGLISH カートを見る ホーム お問い合わせ 原稿・企画の募集