出版案内
 辞書
 専門書
 大学用テキスト
 高等学校英語教材
 高校生用学習参考書
 幼児・小・中学生用教材
 一般書・実用書
 その他
新刊・近刊情報 特約常備店
関連サイト
コトバの本の出版社の会 言語学出版社フォーラム
新刊紹介サイト ブックメール倶楽部
ホーム > 出版案内 > 続・動詞の意味を分解する

開拓社 言語・文化選書82
続・動詞の意味を分解する
― 変化の尺度・目的動詞・他動性 ―

編著者:
出水孝典 (著)
ISBNコード:
978-4-7589-2582-2
発売日:
2019年10月25日
定価:
2,200円(税込)(四六・208頁)
カートに入れる 戻る

内容

Beth LevinとMalka Rappaport Hovavによる、事象スキーマに基づいて動詞の語彙意味表示を作り出す理論は、1998年の登場以来すでに20年以上が経過し、これまでに新たな精緻化が行われました。また、理論に対する批判と代替案の提案もありました。さらに、関連づけると興味深い他の研究もあります。それらを、前著同様、さまざまな具体例を挙げながら、平易に解説しています。

『開拓社 言語・文化選書』の一覧を見る

目次

第1章 「動詞の意味を分解する」を振り返る!

第2章 様態とか結果って結局何なの?

第3章 目的動詞って動作動詞の第3の分類?

第4章 多くの意味がある動詞ってなんでそうなってるの?

第5章 動詞の強いやつと弱いやつ!

第6章 他動詞らしさって何かあるの?

page top
開拓社 ENGLISH カートを見る ホーム お問い合わせ 原稿・企画の募集