出版案内
 辞書
 専門書
 大学用テキスト
 高等学校英語教材
 高校生用学習参考書
 幼児・小・中学生用教材
 一般書・実用書
 その他
新刊・近刊情報 特約常備店
関連サイト
コトバの本の出版社の会 言語学出版社フォーラム
新刊紹介サイト ブックメール倶楽部
ホーム > 出版案内 > 言語研究の楽しさと楽しみ

言語研究の楽しさと楽しみ
― 伊藤たかね先生退職記念論文集 ―

編著者:
岡部玲子 八島 純 窪田悠介 磯野達也 (編)
ISBNコード:
978-4-7589-2300-2
発売日:
2021年3月22日
定価:
7,700円(税込)(A5・536頁)
カートに入れる 戻る

内容

東京大学大学院教授 伊藤たかね先生が2021年3月末で退職されることを記念し、長年にわたり先生と言語研究の楽しさと楽しみを共有してきた研究者、元指導学生、現役大学院生などによる46編の論文が収められた論文集。テーマは形態論、語彙意味論から統語論、心理言語学まで多岐にわたり、分析対象言語も日本語や英語にとどまらず中国語、韓国語、ドイツ語やスラヴ諸語と多様で、先生の研究教育領域の幅広さが反映されている。

目次

第I部 形態論

各活用タイプにおける動詞語幹末尾の母音の統一的分析
 井川詩織

On Japanese Prenominal Modifiers
 Ryo Otoguro

「目の薬」と「目薬」はどこが異なるのか―句と語の境界をめぐって―
 島村礼子

分散形態論と語彙層を越えた異形態としての接辞
 田川拓海

新古典複合語と連結形:-itisをめぐって
 林 弘美

Wordhood, Syntactic Atomicity, and Word Plus
 Jun Yashima

語形成におけるグローバル参照―スラヴ諸語の音交替を例に―
 渡部直也


第II部 語彙意味論

語彙的アスペクトと意味表示について?―「しよる」「しとる」の用法に基づく考察―
 磯野達也

項の削除と結果複合動詞
 于 一楽

起点としての「に」の意味
 小野尚之

動詞語義の階層的分類と自他対応
 加藤恒昭

主観的形容詞の副詞用法―「面白く読む」と「面白く書く」―
 杉岡洋子

日本語複合動詞の場所格交替
 曹 瑞

放出動詞と項実現―英語とドイツ語の対照分析―
 高橋亮介

受身文における事象制御性について―使役文と比較して―
 外崎淑子

状態と均質性
 畠山真一

「〜きる」と「完〜する」における消費量について
 藤巻一真

状態変化動詞の「状態変化」について
 前田宏太郎

英語の軽動詞構文における項の具現化―giveを主動詞とする場合を中心に―
 由本陽子

「V1+V2」型複合動名詞の意味形成について―並列関係を表す複合語を中心に―
 李 慧


第III部 統語論・意味論

Non-Local Use of the Japanese Excessive Marker sugi and Syntax-Semantics Interface
 Wataru Uegaki

現代日本語の受身動詞について
 上野義雄

「テアル構文」とその周辺に関する覚書
 漆原朗子

日本語ECM構文の主語移動と移動のタイプ
 岸本秀樹

A Non-Ellipsis-Containing Analysis of 'Ellipsis-Containing Antecedents'
 Yusuke Kubota

中国語におけるスコープの非曖昧性
 柴田奈津美

分裂文の派生と焦点要素について
 下仮屋 翔

「価値がある」構文の統語的・意味的特徴
 竹沢幸一・阿久澤弘陽

完了ではないテアルについて:島田・長野(2019)補遺
 長野明子・島田雅晴

「は」の現代版「係り結び」現象と文タイプ
 長谷川信子

日本語の「NらしいN」表現と「基準値」について
 長谷部郁子

推量の助動詞「(し)そうだ」の意味的・統語的特徴
 板東美智子

Selecting and Updating the Fuzziness of Adjectival Nouns and Verbal Nouns
 Hiroto Hoshi

Verbal Nouns Are in Fact Verbs
 Ichiro Yuhara

日本語と韓国語における述語の不完全性―情報伝達の観点から―
 尹 盛熙


第IV部 心理言語学

The More Noun Phrases, the More Difficult: Japanese Children's Passive Comprehension
 Megumi Ishikawa

Verb-Echo Answers in Child Japanese
 Miwa Isobe and Reiko Okabe

形態論の計算認知神経科学に向けて
 大関洋平

Lexical Integrity and Acquisition of N-N Compounds in Japanese: A Preliminary Study
 Reiko Okabe and Miwa Isobe

複合形容詞への強調促音挿入における音韻効果と形態効果
 近藤森音

The Prominence Degree of Word-Initial Pretonic Syllables with Full Vowels in English: An Introspective Rating Study
 Mariko Sugahara

Unchanged Mandarin Tone 3 Sandhi as a Boundary Marker in Lexical Processing
 Tzu-Yin Chen

Locality Effects in the Processing of Negative-Sensitive Adverbials in Japanese
 Kentaro Nakatani

節比較構文の獲得におけるパラメター設定
 服部亮祐

めがねケース、おやこくじら、そしてキルギスとかげ
 広瀬友紀

L1英語の日本語学習者の話し言葉・書き言葉における名詞修飾表現―学習者コーパスI-JASに基づく分析―
 堀内 仁


伊藤たかね先生 略歴と業績

page top
開拓社 ENGLISH カートを見る ホーム お問い合わせ 原稿・企画の募集