出版案内
 辞書
 専門書
 大学用テキスト
 高等学校英語教材
 高校生用学習参考書
 幼児・小・中学生用教材
 一般書・実用書
 その他
新刊・近刊情報 特約常備店
関連サイト
コトバの本の出版社の会 言語学出版社フォーラム
新刊紹介サイト ブックメール倶楽部
ホーム > 出版案内 > 言語は本能か

言語は本能か
― 現代言語学の通説を検証する ―

編著者:
Vyvyan Evans (著) 辻 幸夫 黒滝真理子 菅井三実 村尾治彦 野村益寛 八木橋宏勇 (訳)
ISBNコード:
978-4-7589-2291-3
発売日:
2021年3月22日
定価:
3,960円(税込)(A5・336頁)
カートに入れる 戻る

内容

本書はエヴァンズ博士によるThe Language Mythの全訳である。ここでいうMyth(神話)とは根拠のない仮説が広まり通説となったもの、とりわけ言語生得説や言語普遍説などを指す。筆者は、言語は独立した本能として存在するのではなく、実際の運用を通して文化的に学習・継承されるものであること、全ての言語を超越した抽象的な普遍文法なるものは存在しないことを、具体的な言語事実と最新の諸科学の知見をもって多角的に論証していく。

目次

第1章 言語と心の再考

第2章 人間の言語は動物のコミュニケーション体系と関連がないのか

第3章 言語の普遍性は存在するか

第4章 言語は生得的か

第5章 言語は独立した心的モジュールか

第6章 普遍的なメンタリーズは存在するか

第7章 思考は言語から独立しているか

第8章 言語と取り戻された心

page top
開拓社 ENGLISH カートを見る ホーム お問い合わせ 原稿・企画の募集