出版案内
 辞書
 専門書
 大学用テキスト
 高等学校英語教材
 高校生用学習参考書
 幼児・小・中学生用教材
 一般書・実用書
 その他
新刊・近刊情報 特約常備店
関連サイト
コトバの本の出版社の会 言語学出版社フォーラム
新刊紹介サイト ブックメール倶楽部
ホーム > 出版案内 > 統語構造と語彙の多角的研究

統語構造と語彙の多角的研究
― 岸本秀樹教授還暦記念論文集 ―

編著者:
于 一楽 江口清子 木戸康人 眞野美穂 (編)
ISBNコード:
978-4-7589-2283-8
発売日:
2020年3月26日
定価:
6,160円(税込)(A5・384頁)
カートに入れる 戻る

内容

本書は、神戸大学岸本秀樹教授の還暦を記念して編纂された論文集である。第一線で活躍する研究者や教え子による文構造と語彙の意味に関する最新の研究を多数収録し、理論研究から記述研究まで、多角的な視座からの論考を集めた一冊となっている。対象言語は日本語、英語、中国語、ハンガリー語、インド諸語など多岐にわたり、扱う言語現象も幅広い。最先端の知見や定石にとらわれない斬新な着想で言語研究の新たな扉を開く。

目次

序 論

統語と語彙の研究の視点
  岸本秀樹


第1部 文構造とその周辺

[特別寄稿]
Nominalization and Argument Structure: Evidence for the Dual-Base Analysis of Ditransitive Constructions in Japanese
  Shigeru Miyagawa

ハンガリー語動詞接頭辞の機能
  江口清子

日本語数詞類別詞構文の統語論と意味論
  前田晃寿

日本語同格名詞句に見る意味的階層と統語構造についての一考察
  眞野美穂

On the Licensing of Subject-Oriented Adverbs in Japanese
  Kaori Miura

Benefaction & Malefaction: Two-In-One ―A Subtle Interplay of "Volitionality" & "Transitivity" in Indic Languages―
  Prashant Pardeshi

中国語の結果を表す連動詞の様態について
  芝垣亮介

感嘆文の統語論
  田中秀和

日本語のカラ格主語再考
  山口貴也

「Pかもしれない」における「も」「か」と前提の投射について
  山森良枝


第2部 語彙の意味とその周辺

開始を表す複雑述語と複合動詞 ―「V-て来る」「V-出す」「V-始める」の対照―
  日高俊夫

Acquisition of Verb-Verb Compounds in Child English and Japanese: An Empirical Study Using CHILDES
  Yasuhito Kido

The Proper Treatment of the Unaccusative Hypothesis: Split Intransitivity Revisited
  Kazuya Kudo

Aspectual Interpretation of -Te Kuru as a Result of Modal Slide
  Kentaro Nakatani

語義の調和と不調和
  小野尚之

副詞「あくまで(も)」の意味・用法の変遷
  朴 秀娟

相対名詞が導く関数節の主要部の外在・内在・潜在と関連性条件
  佐野まさき(真樹)

ナソウとナサソウの使用実態の計量的調査
  竹村亜紀子・Thomas Pellard

On the Wordhood of Japanese Complex Predicates
  Saeko Urushibara

ナル述語における項の選択とクオリア構造
  于 一楽

日本語の複合における事象から属性へのシフト ―「X+動詞連用形」型複合名詞を中心に―
  由本陽子

page top
開拓社 ENGLISH カートを見る ホーム お問い合わせ 原稿・企画の募集