出版案内
 辞書
 専門書
 大学用テキスト
 高等学校英語教材
 高校生用学習参考書
 幼児・小・中学生用教材
 一般書・実用書
 その他
新刊・近刊情報 特約常備店
関連サイト
コトバの本の出版社の会 言語学出版社フォーラム
新刊紹介サイト ブックメール倶楽部
ホーム > 出版案内 > 慣用表現・変則的表現から見える英語の姿

慣用表現・変則的表現から見える英語の姿

編著者:
住吉誠 鈴木亨 西村義樹 (編)
ISBNコード:
978-4-7589-2274-6
発売日:
2019年9月26日
定価:
3,850円(税込)(A5・264頁)
カートに入れる 戻る

内容

一般化からこぼれ落ちてしまうような「慣用」「変則」に焦点を当てることで、英語の創造的側面・多様性を浮かび上がらせることができる。この考えを共通項として、認知言語学、英語史、コーパス言語学、語用論、語彙意味論、語法文法研究といった分野の研究者が、英語の興味深い現象を縦横に論じる。本書は、英語の持つ独自の慣用・不規則への志向性を考察し、従来の言語観を問い直すものである。

目次

第I部 序 論

第1章  慣用表現・変則的表現はどう考察されてきたか
  住吉 誠・鈴木 亨・西村義樹

第II部 変容する現代英語の語法

第2章  現代アメリカ英語のrumor ―Corpus of Contemporary American Englishの分析から―
  家入葉子

第3章 「懸念」を表すfearについて
  五十嵐海理

第4章  句読法から語用論標識へ ―Periodの談話機能の発達と今後のアメリカ英語について―
  柴崎礼士郎

第5章  動詞のパタンに見られる変則性
  住吉 誠

第III部 慣用表現の成立と文法

第6章  慣用表現 "if X is any indication [guide]" について
  平沢慎也

第7章  使用基盤モデルから見たmake / let使役構文
  西村義樹

第8章  結果構文の強意読みと慣用表現
  都築雅子

第9章  断定のモダリティ表現 "it is that" の特性
  八木克正

第IV部 構文の意味と慣用の拡がり

第10章  three brothers and sistersの不思議
  小早川 暁

第11章  活動動詞を含む属性評価文の拡張と両義的解釈
  鈴木 亨

第V部 言語使用における慣用と変則

第12章  コーパス解析に基づくテキストジャンルと名詞の用法の関係性
  後藤一章

第13章  フィクションのテンスとダイクシス
  内田聖二

page top
開拓社 ENGLISH カートを見る ホーム お問い合わせ 原稿・企画の募集