出版案内
 辞書
 専門書
 大学用テキスト
 高等学校英語教科書
 高等学校英語教材
 高校生用学習参考書
 幼児・小・中学生用教材
 一般書・実用書
 その他
新刊・近刊情報 特約常備店
関連サイト
コトバの本の出版社の会 言語学出版社フォーラム
新刊紹介サイト ブックメール倶楽部
ホーム > 出版案内 > Function-Driven Movement

Function-Driven Movement
― Left-Peripheries in English ―

編著者:
靱江 静 (著)
ISBNコード:
978-4-7589-2177-0
発売日:
2012年11月27日
定価:
5,616円(税込)(菊判・216頁)
カートに入れる 戻る

内容

本書は、生成文法における極小主義の枠組みで、「焦点の話題化」「話題の話題化」「否定倒置」「否定構成素の前置」「提示のthere構文」「場所句倒置構文」という6つの英語構文の談話機能と統語構造、さらにその関係性を解明しようと試みたものである。本書での観察と議論によって、英語という言語では機能範疇C (Complementizer)とT (Tense)が文内の語句が持つ談話機能(焦点/話題)の解釈に関わっており、この関連性に基づいて上記6つの構文は作られることを明らかにする。

目次

目次を確認する

page top
開拓社 ENGLISH カートを見る ホーム お問い合わせ 原稿・企画の募集