出版案内
 辞書
 専門書
 大学用テキスト
 高等学校英語教科書
 高等学校英語教材
 高校生用学習参考書
 幼児・小・中学生用教材
 一般書・実用書
 その他
新刊・近刊情報 特約常備店
関連サイト
コトバの本の出版社の会 言語学出版社フォーラム
新刊紹介サイト ブックメール倶楽部
ホーム > 出版案内 > 日英語の構文研究から探る理論言語学の可能性

日英語の構文研究から探る理論言語学の可能性

編著者:
畠山雄二 (編)
ISBNコード:
978-4-7589-2175-6
発売日:
2012年11月27日
定価:
3,024円(税込)(A5・232頁)
カートに入れる 戻る

内容

理論言語学は構文研究に始まって構文研究で終わる。つまり、自然言語のモデルづくりは構文の研究を通して行われる。このように、文法理論はどのようなものであれ、構文研究をベースにつくられ、そして発展していくものであるが、今日ある文法理論はこれからどういった方向に進んでいくのであろうか。新進気鋭の研究者による15本の論考からこれからの理論言語学の動向を探ってみたい。構文研究の底力と理論言語学の可能性についてあらためて考えてみよう。

目次

目次を確認する

page top
開拓社 ENGLISH カートを見る ホーム お問い合わせ 原稿・企画の募集