出版案内
 辞書
 専門書
 大学用テキスト
 高等学校英語教科書
 高等学校英語教材
 高校生用学習参考書
 幼児・小・中学生用教材
 一般書・実用書
 その他
新刊・近刊情報 特約常備店
関連サイト
コトバの本の出版社の会 言語学出版社フォーラム
新刊紹介サイト ブックメール倶楽部
ホーム > 出版案内 > 統語論の新展開と日本語研究

統語論の新展開と日本語研究
― 命題を超えて ―

編著者:
長谷川信子 (編)
ISBNコード:
978-4-7589-2158-9
発売日:
2010年11月13日
定価:
5,616円(税込)(A5・400頁)
カートに入れる 戻る

内容

主題、取り立て、焦点、終助詞、かき混ぜ、省略、モダリティ、話し手の視点、など、日本語には、発話行為や情報構造と関わる現象が豊富でかつ特徴的である。やっと統語論がそれらを取り込むことができるようになってきた。日本語からの知見と分析こそが、今後の理論の発展の方向を決定し進展させる。国内外の生成文法学者による画期的な論文集。

目次

はしがき

序章 文の機能と統語構造:日本語統語研究からの貢献  長谷川 信子
第1章 CP領域からの空主語の認可  長谷川 信子
第2章 終助詞のカートグラフィー  遠藤 喜雄
第3章 日本語疑問文における補文標識の選択とCP領域の構造  桑原 和生
第4章 一致素性のある言語とない言語の統合  宮川 繁
第5章 とりたて詞の多重生起と併合関係  佐野 まさき
第6章 日本語におけるかき混ぜ規則・主題化と情報構造  青柳 宏
第7章 統語,情報構造,一般認知能力  奥 聡
第8章 日本語の焦点に関する主文現象  北川 善久
第9章 発話行為と対照主題  富岡 諭
第10章 節のLeft Periphery(左端部)構造の精緻化に向けて  Luigi Rizzi(長谷部 郁子(翻訳))

索引
執筆者紹介

page top
開拓社 ENGLISH カートを見る ホーム お問い合わせ 原稿・企画の募集