出版案内
 辞書
 専門書
 大学用テキスト
 高等学校英語教科書
 高等学校英語教材
 高校生用学習参考書
 幼児・小・中学生用教材
 一般書・実用書
 その他
新刊・近刊情報 特約常備店
関連サイト
コトバの本の出版社の会 言語学出版社フォーラム
新刊紹介サイト ブックメール倶楽部
ホーム > 出版案内 > 否定と言語理論

否定と言語理論

編著者:
加藤泰彦 吉村あき子 今仁生美 (編)
ISBNコード:
978-4-7589-2152-7
発売日:
2010年6月18日
定価:
6,912円(税込)(A5・496頁)
カートに入れる 戻る

内容

否定とその関連現象は人間の言語と認知に深く関わり、それらの構造と機能およびそのインターフェイスの解明に不可欠な基礎をなす。本書では現代言語学の観点から統語論・意味論・語用論・史的研究における最新の研究成果を提供する。それぞれの領域における論考は、トピックとアプローチの両面において多彩である。広範な領域からの知見をもとに、否定の全体像を明らかにし、さまざまな研究領域やアプローチの相互理解と将来の発展の可能性を探る。

目次

第 I 部 統語論
否定と統語論  加藤泰彦
否定辞移動と否定の作用域  岸本秀樹
文否定と否定素性移動  西岡宣明
両極性表現  渡辺 明
否定一致表現の構成要素と認可の方略  久野正和
否定極性と統語的条件  片岡喜代子
否定構造と歴史的変化―主要部と否定極性表現を中心に―  ジョン・ホイットマン
日本語否定文と文法化―シカ類の変化と変異を中心に―  宮地朝子
室町時代における否定推量・否定意志の表現  小林賢次
初期近代英語における否定構文―Lampeter Corpusの調査から―  家入葉子

第 II 部 意味論
否定と意味論  今仁生美
数詞とりたての「も」と否定  中西公子
「しか」の意味特性と否定  小淵-Philip 麻菜
現代日本語の否定とアスペクト・テンス  工藤真由美

第 III 部 語用論
否定と語用論  吉村あき子
否定極性への機能論的アプローチ  高見健一
談話分析から見た否定:談話機能を探る  山田政通
新グライス学派語用論からみた否定の諸問題―否定的な推意から否定へ―  田中廣明
否定と(間)主観性―認知文法における否定―  中村芳久
否定:対立と超越  河西良治

あとがき
索引
執筆者紹介

page top
開拓社 ENGLISH カートを見る ホーム お問い合わせ 原稿・企画の募集