出版案内
 辞書
 専門書
 大学用テキスト
 高等学校英語教科書
 高等学校英語教材
 高校生用学習参考書
 幼児・小・中学生用教材
 一般書・実用書
 その他
新刊・近刊情報 特約常備店
関連サイト
コトバの本の出版社の会 言語学出版社フォーラム
新刊紹介サイト ブックメール倶楽部
ホーム > 出版案内 > 三層モデルでみえてくる言語の機能としくみ

開拓社叢書28
三層モデルでみえてくる言語の機能としくみ

編著者:
廣瀬幸生 島田雅晴 和田尚明 金谷優 長野明子 (編)
ISBNコード:
978-4-7589-1823-7
発売日:
2017年11月25日
定価:
3,456円(税込)(A5・280頁)
カートに入れる 戻る

内容

本書は、文法と語用論の関係を捉えるために提唱された一般理論、「言語使用の三層モデル」をテーマに書き下ろされた論文を収めた英語学・言語学の論文集である。三層モデルを起点にした文法と言語使用に関わる論考が、三層モデルと関わりが深い意味論、語用論はもとより、統語論、形態論、社会言語学、通時的研究をも含めて、広い視野から展開されている。新たな言語研究の可能性を追求した、英語学・言語学関係者必読の書である。

『開拓社叢書』の一覧を見る

目次

目次を確認する

page top
開拓社 ENGLISH カートを見る ホーム お問い合わせ 原稿・企画の募集