出版案内
 辞書
 専門書
 大学用テキスト
 高等学校英語教科書
 高等学校英語教材
 高校生用学習参考書
 幼児・小・中学生用教材
 一般書・実用書
 その他
新刊・近刊情報 特約常備店
関連サイト
コトバの本の出版社の会 言語学出版社フォーラム
新刊紹介サイト ブックメール倶楽部
ホーム > 出版案内 > 語用論研究 第17号

語用論研究 第17号

編著者:
日本語用論学会 (編)
ISBNコード:
978-4-7589-1767-4
発売日:
2016年2月12日
定価:
4,104円(税込)(B5・104頁)
カートに入れる 戻る

内容

1999年創刊の「日本語用論学会」の学会誌。語用論の研究は意味論、統語論、社会言語学、心理言語学、認知言語学、それに日本語学をはじめとするさまざまな語学教育などの活動が交差する領域を占める。これらの分野の論考等を掲載。年1回、3月刊行。

他の既刊号を見る

既刊号の掲載論文名は日本語用論学会のサイトでご覧いただけます

目次

論文
The Effects of Givenness and Heaviness on VP-internal Scrambling and VP-external Scrambling in Japanese  Satoshi Imamura  1
日本語における伝聞証拠性のマーカーと「語彙的引用構造」の比較:通時語用論的観点から
  玉地瑞穂  17

研究ノート
言葉遊びであることへのメタ言語的言及  小松原哲太  33

特別寄稿論文
Higher-Level Category or Constructions: When Many is One  Mira Ariel  42

書評論文
Jonathan Culpeper, Michael Haugh, Pragmatics and the English Language  椎名美智  61
今井邦彦 『言語理論としての語用論』  西川眞由美  70
名嶋義直・神田靖子(編) 『3.11原発事故後の公共メディアの言説を考える』  林 礼子  83

page top
開拓社 ENGLISH カートを見る ホーム お問い合わせ 原稿・企画の募集